スマートリモコン Remoのレビュー。 IRKitからの進化も含めて、徹底紹介します

KickStarterで申し込んでから、待つこと11ヶ月。待ちに待ったNature Remoが届きました。

Remoの前作である、iRKitも愛用していますので、その違いも含めて、しっかりとご紹介したいと思います。
スマートリモコンに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Remoとは何か?

Remoは、いわゆるスマートリモコンの1つです。

iPhoneやアンドロイドといった、スマホ、タブレットから、あなたの部屋のエアコン、テレビ、照明といった「リモコンで操作できる家電」をコントロールできるアイテムのことです。

いくつものリモコンを使いこなす、といった面倒から解き放たれるのです。

言葉で説明するより、公式動画をご覧いただいたほうが、ハッキリとイメージできると思います。

Remoでできること

あらゆるメーカーのエアコンをスマホで操作できる

日本のエアコンメーカーなら、ほぼ全てに対応しています。

エアコン

出典:Nature Remo公式サイト

僕は日立のエアコンを使っているのですが、アプリに登録するとこのとおり。

部屋の温度(28c)も表示されています!(Remoには温度センサーが搭載されているので、分かるんですね。)
IMG_4540

メーカーを自動判別して、独自のUIでさまざまな操作ができるようになっています。
暖房、冷房、ドライ、それぞれの温度調整、そして電源オフ。
IMG_4534 IMG_4541

温度のバーを、上下にスライドすることで、自由に温度調整できます。
部屋の温度も一緒に表示されているので調整しやすいです。エアコンのボタンでは温度調整のために、「何度もボタンを押す」といった作業が必要ですから、Remoの方が使い勝手が良いですね。

あらゆる家電をスマホで操作

Remoは、エアコンに力を入れているようにアピールしているのですが、僕が期待しているのはこちら。

照明、ストーブ、テレビ、オーディオなど、さまざまな家電を登録できます。ようは、「リモコン」で操作できるものなら、何でも操作できるのです。

外出先からもコントロールできる

スマートリモコンの真髄とも言える機能、自宅にいなくても操作できます。

例えば、会社を出るときにエアコンをONしておけば、快適な温度で出迎えてくれます。明るい部屋が待っていてくれます。

僕のようなひとり暮らしの人ほど、ありがたみを感じることができるはずです。

Remoを使うのに必要なこと

Remoを使うには、以下の環境が必要です。

  • スマートフォン(iPhone、またはAndroid)
  • WIFI環境
  • メールアドレス

Remo 開封の儀

DSC07276

パカっとあけるとこんな感じ。
DSC07244

説明書は英語&日本語。後述しますが、アプリを使ってセットアップできるので、基本的に読まなくていいです。
DSC07247

その下にはアダプタが入っています。
DSC07245

クラウドファンディングで公募していただけあって、世界各国のコンセントで利用できるように、各種プラグが入っています。
DSC07268

本体と比べて、箱が大きいのはこれが理由。
DSC07278

Remoの正面は、やんわりとカーブを描いています。
タッチセンサーとしての役割も担っているので、触れたときに気持ちの良いデザインに仕上げたのでしょう。
DSC07269

Remoのセットアップ

サクッとセットアップして、使えるようにしてみましょう。

とてもカンタン。
手始めにエアコンを登録してみましょう。

1.電源を入れる

付属のコードを本体に取り付けます。
DSC07248
Remoは壁掛けで使うことをコンセプトにしているようです。だからでしょうか、コードは2mほどと十分な長さです。
逆に、壁にかけない人にとっては長すぎるかもしませんが、マイクロUSBのケーブルなら互換性があります。短くしたいなら付け替えもできます。

電源に繋げます。コンセントに刺してもよいし、パソコンのUSBスロットに差し込んでもOK。

2.Remoのアプリをダウンロード

ストアからアプリをダウンロードしましょう。
iPhoneユーザなら、AppStoreからのダウンロードです。「remo」で検索すると1番目にヒットします。
DSC07249

3.アプリの画面に従って、初期設定

アプリを立ち上げて、画面に従って設定してきます。
IMG_4526

これはカンタンで3分くらいでできます。
(ところで、どうしてEメールを登録しなくてはいけないのでしょうか。こういった面倒なアクションが、Remoの普及を妨げる理由になることに、技術者は早く気付くべきだと思います。)

設定中に「家族からどのように呼ばれているか(父、母など)」という質問があります。この名前はアプリに登録されます。何に使われるかよく分からないうえに、名前の変更が(今のところ)できません。よく考えてつけましょう。
IMG_4528

上手くいくと、こんな感じ。
IMG_4529

4.リモコンを登録する

お手持ちの家電を登録していくことになります。
画面にしたがって、いくつか家電を登録してみましょう。
IMG_4532

ホーム画面に、家電を追加します。Remoに向かって、リモコンのスイッチを押すだけ。
DSC07258

「エアコン以外のリモコン」を登録すると、画面にこんなメッセージが表示されます。あせらず、「OK」を押しましょう。(これはイケてないUIですね。近いうちにカイゼンされるはず)
IMG_4538

家電をコントロールするリモコンのボタンを、いくつか登録していきます。
照明なら、

  • 電源のOn/Off
  • 明るくする
  • 暗くする

など、リモコンのボタンが分かれているはず。これらを登録していきます。
こんな感じですね。
IMG_4544

5.使ってみる

以降は、アプリを立ち上げるとこんなかんじで、家電のカテゴリが表示されます。
IMG_4542

ここから、操作したい家電をタップ。
例えば「ライト」をタップするとこうなります。ここで、アイコンをタップすると、登録したリモコンの操作が行われます。
IMG_4544

(今のところ)、操作するには2タップ必要となります。

前作、IRKitでは、トップ画面に操作するためのアイコンがずらりと並んでいて、1タップで操作できました。(利便性がある一方、ごちゃごちゃしている印象でした。)

IMG_4539

一長一短がある感じ。これは好き嫌いが分かれそうですね。

IRKitとの違い

前作iRKitと、Remoの違いをまとめてみます。

スペックの違い

IRKit Remo
サイズ(cm) 6.2 x 6.2 x 1.7 7.4 × 7.4 × 2
価格 7,700円 13,000円
センサー 温度・湿度
モーションセンサー
照度センサー
人感センサー
ノイズセンサー

Remoの価格は約2倍。各種センサーが付いたスマートリモコンです。IRKitの上位互換といったところです。

Remoは一回り大きくなっていますが、設置したあとは動かすものではないため、それほど困らないでしょう。今後、タッチして使うこともあるでしょうから、ある程度のサイズアップはむしろ効果的なはずです。
DSC07265

また、質感もアップしています。IRKitは無機質で、オタクのためのガジェット感があったのですが、Remoは光沢と丸みが相まって、高級感ある仕上がりとなっています。リビングなどあらゆる空間で、違和感なくセットできるデザインといえるでしょう。

Remoのセンサーによって何ができるのか?

Remoの方が高価なのは、さまざまなセンサーを搭載しているから。

では、センサーによって何ができるのでしょうか?

実はRemoを購入する際に、開発者に問い合わせてみたのですが、各種センサーを使うことで、「使い手にとっての心地よい空間」を作りたいとのことでした。

例えば、照度センサーがありますから、部屋の明るさに応じて、自動的に照度を調整する、といったことができるようになるとのこと。

さまざまなセンサーが働いているもの見て取れます。
例えばRemoに手を近づけたり、振ったりすると、青いリングがボンヤリと光るギミックが確認できます。たぶん人感センサーやモーションセンサーが作動しているのでしょう。
こういったセンサーを使うことで、公式動画でも紹介されているとおり、壁にかけたRemoにサッと触れると、エアコンが付く。といったこともできるようになるはず。

たくさんのセンサーが搭載されているわけです。ところが残念なことに、その機能は殆ど発揮されていません。ハードウェア的にはサポートしているのですが、アプリケーションが対応していないんため、何の意味も無いのが実情です。今後に期待ですね。

IRKitはスマホを操作しなければ家電をコントロールすることができませんでした。あくまでもリモコンの代理でしかなかったのです。
Remoは少し進んだスマートリモコン。例えるなら、「人に寄り添うIOT家電と」がゴールだと思います。

Remoでカイゼンされた2つのポイント

また、個人的にはiRKitよりも良くなったと思ったことが2つあります。

LEDの照明が目立たない

iRKitでは、前面にLEDが付いています。これがかなり明るくて、ずっと点灯しているのです。さらに、操作したときや、WIFIの状態が不安定になったときに「点滅」するので、かなり気になります。テレビや読書など、集中したいときに、気が散るのです。

個人的には、IRKitを使っていて、もっともイケてないなと思っていた点です。スマートリモコンとして置いているのに、それが気になるのは、あまりスマートじゃないですよね。
DSC07275

一方、RemoのLEDは、落ち着いた装い。これが全然目立ちません。
LEDがカバーの下に隠れているため、光のリングが淡く浮かび上がります。ちょっとした未来感です。
DSC07254

写真は、光のリングが分かりやすいように、あえて暗くしています。正直、明るい部屋ではそもそも光のリングが見えません。

普段はそもそも光っていないので、気になりません。
アプリでアイコンをタップしたとき、Remo本体にタッチしたときに、2回だけ光のリングが浮かび上がる仕様となっています。

リビングの目に入る位置にセットしても、うるさくないのです。

リモコンの反応速度が向上している

もう1つは、反応速度がずば抜けて向上していること。
iRKitでは操作してから、デバイスが反応するまで、0.5〜1秒ほどのタイムラグが出ることがありました。

一方、Remoはスマホのタップとほぼ同時に、反応します。
搭載しているマイコンの性能が良いのでしょう。モノによっては、本物のリモコンよりも早いほどです。

また、感度も良くなっていて、Remoをどこに置いても心地よく反応してくれます。
iRKitではLEDの方向を、家電に向けないと反応しないことがあったので、置く位置を考えなくてはいけませんでした。たまに効かないことがあって、少しずらしたりしていたのですが、これって本末転倒です(そもそも、移動したくないからリモコンを使っているわけで)。

僕は、照明のリモコンを登録しているのですが、Remoで操作した方が早いし、向きも考えなくて良いのでダンゼン楽です。

RemoとIRKit。どちらがおすすめか?

個人的にはRemoがおすすめです。

基本スペックはもちろん、使っていてストレスを感じません。これからどれか1つ手に入れるなら、Remoをセレクトしたほうが満足度は高いでしょう。

決して安くはない買物ですが、長く使えるはず(少なくともIRKitは1年半使っているし、今も現役)。いつか買うなら、早いほうがいい。そういうアイテムです。

今後、できるようになること

センサーを使って、さまざまな機能が今後サポートされるはずです。

家に近づいたら照明を付ける

iPhoneやAndoroidの位置情報を使うことで、自宅に近づいたら家電をOnにすることができるはず。一人暮らしなら、明るい部屋が待っていてくれます。

家を出たら家電をOFF

逆に、家を出るときにすべての家電をOFFにすることもできるでしょう。エアコンや照明の消し忘れを心配しなくてすみます。

Webサービスとの連動

IFTTTや、amazon エコーなどのサービスとも連動するようです。
また、センサーに対応するAPIも公開される予定です。プログラマなら、さらに自由度が広がるでしょう。

Remoはどこで買えるのか?

2017/5/20の時点では、一般販売されていません。
早く欲しい人は、こちらでゲットしましょう。

あとがき

正直、まだまだ発展途上といえるRemo。
KICKSTARTERでは、購入者からのコメントが多数寄せられています。
それによると、アプリなどのアップデートは順次行っていくとのこと。今後、ますます使いやすくなるはずである。

スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Booking.com
スポンサーリンク
googleアドセンス