【レビュー】ミレー ドライナミックメッシュ。自転車のアンダーウェアとしての性能にせまる

暑い日のライドを快適にするために、アンダーウェアを購入しました。

ミレーの「ドライナミックメッシュ(DRYNAMIC MESH)」です。

本ページでは、その機能性、メリット・デメリットについて「自転車」を切り口に迫りたいと思います。

ドライナミックメッシュとは何か

アンダーウェアの役割は、実にシンプルです。

着ることによって「快適さを引き出すこと」。これに尽きます。

ドライナミックメッシュは、「自転車用」というわけではありません。そもそもミレーは、登山ウェアブランドであり、ドライナミックメッシュもまた登山用に作られているのです。

では、なぜ「自転車用アンダーウェア」を探していた僕が、ドライナミックメッシュを購入したかというと、その独特の機能に惹かれたからです。以下は公式サイトから引用。

こういった「ウリ」は、どのブランドもアピールしているわけだけど、ミレーが言うと本気度が違う。登山ウェアにおいて、機能の実現性は文字通りの「死活問題」だから。

スポーツをする人ならわかると思うのだけど、汗をかいたときに、汗を吸ったウェアの乾きが遅いと身体が冷えるのです。それがたとえ夏であろうと。明らかに冷えと、疲れがわかる。で、登山においてのそれは、命を守るためのライフセイバーなのだ。そういった問題を本気で解決したのが、ドライナミックメッシュなんですね。

ドライナミックメッシュのラインナップから、自転車用に最適な一品を選ぶ

ドライナミックメッシュは、いくつかのラインナップがあります。

まずは、上半身から。

ショートスリーブ。万能だと思う。汗を書きやすい脇下と肩をサポートしてくれるから。ちなみに、僕が買ったもの。本ページでレビューするのはこれです。

こちらは3/4。登山でのアンダーウェアには良いかと思います。

ノースリーブ。あまり好きじゃない。汗をかきやすい肩、脇下もメッシュがほしいので、機能的にどうなのだろう。肩の可動に影響を与えたくないスポーツをするとき(たとえばボルダリング)などには向いているのかもしれません。

次は下半身。

3/4タイツ。汗をかきやすい、膝裏までサポートしているのがポイントだと思う。今回は自転車用なので購入しなかったのだけど。僕のスタイルだと夏のライド時は紫外線対策としてSKINSなどのコンプレッションタイツを履いています。SKINSそのものがアンダーウェアなので、食指が動かなかった。
ゆったりとしたフォルムの登山用パンツと合わせるなら、ちょうど良いと思う。

ボクサーパンツもある。ルックスがあれすぎるので、今のところ買ってない。

ドライナミックメッシュ ショートスリーブのレビュー

身体にフィットする、スリムなサイズ

ドライナミックメッシュはスリムです。

スポーツ用アンダーウェア全般に言えることなのだけど、決して「着心地の良さ」を追求していません(ゆったりとした着心地のものは皆無といっていい)。

ドライナミックメッシュもまた、身体のサイズよりスリムに作られています。着たときに身体にフィットするサイズにすることで「布あまり」を発生させず、結果として衣服が行動を邪魔しないようにデザインしているんですね。

独特の着心地

素材は、ポリプロピレン66%、ナイロン28%、ポリウレタン6%。いわゆる化学繊維の集合なのだけど、この繊維をメッシュ状に織り込んだのがドライナミックメッシュだけの特徴なのだ。

サラリとした質感で、気持ちいい。

そして、よく伸びる。

この伸縮性があるから、スリムなのに、着たときに窮屈さを感じず、フィット感がバツグンなのだ。

オールメッシュではなく、肩などの可動が多いところはライニングされています。強度を高めるためかもしれません。着たときに気になるほどではないです。

負荷のかかる肩のラインは縫製されています。スポーツウェアでよく見る、ダブルステッチになっているので、洗濯にも強そう。

着てみる

この姿は、絶対に見られたくない・・・。完全にヘンタイである。

僕は黒のジャージをよく着るので、ドライナミックメッシュもブラックを選んでみました。僕の肌が白いのもあって、かなり透ける。もしかしたらホワイトのほうが、透け感は少ないかもしれない。

背中もピタッとフィットしています。「伸び」がスムーズなので、自転車に乗ったときの「前傾姿勢」にしても窮屈さを感じません。

スリーブの長さは絶妙にイイ。サイクルジャージは総じてスリーブが短いのだけど、ドライナミックメッシュがはみ出ないサイズ感です。

裾はこんな素材。サイクルジャージの下まで、しっかりと長さがある。

もちろん、伸びます。

ジャージを着るとこう。暑くてファスナーを開けることがあるのだけど、ちょっと恥ずかしさを感じますね。

サイズの選び方

ドライナミックメッシュは、2種類のサイズ展開をしている。

  • S/M
  • L/XL

ミレーの製品規格によると、身長180cm、胸囲98cmくらいまでが、S/Mだそう。

177cm、62kg、脇下バスト92cmくらいの僕がチョイスしたのは、S/M。これで、上記写真のようなサイズ感。丁度よいです。

自転車×ドライナミックメッシュ。その実力について

結論からいうと、買いだ

汗をかいたときに、ドライナミックメッシュが即座に吸い取ってくれているのだと思います。素肌に手を当ててみるとサラリとした質感を保っている。地肌が湿った状態にならないんですね。ドライナミックメッシュの謳い文句である、「体を冷やさない」は自転車においても十分に実感できました。

これを実現しているのは、やはりドライナミックメッシュの構造にあるのだと思います。

生地は、立体的で、ある程度の「ボリューム感」がある。だから、汗を十分に吸ってくれる。

また、メッシュ状の生地の乾きが早いため、ベタつきを感じないのだ。

サイクル用のアンダーウェアには極薄のものもある。こういったものと比べると、ドライナミックメッシュは明らかに厚みがあるし、重い。けれど不快には感じない。圧倒的な軽さを持っても、生地の乾きが遅ければ身体の冷えや、汗の不快さが気になっってしまう。
ドライナミックメッシュはそういったストレスから解放してくれる一品だと感じました。

デメリットを挙げるなら、やはりその独特すぎるルックス。これに尽きる。あきらかに人前に出せるものではない。自転車や登山の帰りに、温泉に行ったりすることがあるのだけど、これ、めちゃくちゃ恥ずかしくないですかね・・・。みんなどうしてるのだろう・・・。

あとがき

ドライナミックメッシュを着たときのルックスさえ気にならないなら、本作はトップクラスのアンダーウェアと言える。僕は自転車がほとんどなのだけど、あらゆるスポーツに適用できそうです。

おすすめの一着です。

スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
googleアドセンス