【レビュー】スペシャライズド サドル パワー。3つ目のサドルで沼からの脱出はできたのか。

今回購入したサドルは、スペシャライズドのPOWER ARC EXPERT(本ページでは、パワーと表記)。

結論から言うと、快適さを求めるなら検討の価値ある一品です。長距離ライド、日常ライドを重視し、とにかく「お尻と股間に優しいこと」を求めるなら、ぜひ検討してみてほしい。

僕のサドル歴

(今の所)コレが、全部。

ロードバイクには様々な「沼」があるのだけど、その中でも深く、そして広いのが「サドル」だと思う。

たとえば、ホイールやフレームなどは、「軽量化」を目的にするならば、お金さえ出せば選択肢は絞られるわけです。

ではサドルはどうか。

ロードバイクのサドルは、ママチャリのそれよりも圧倒的にカタイ。なぜならサドルを硬くすることで推進力が得られるから。スピード、剛性、快適さ。これらのすべてにおいてNo1は存在しない。だから、最初からついている「サドル」は平均的なものになっているわけです。

そして、サドルに対してある要求が出てくる。快適さだ。これが難しい。

ここからは、僕のサドル遍歴と、買い替えの理由を少しご紹介しよう。

GIOS 標準サドル

GIOSのサドル。最初から付いてきたもの。ロードバイクに最初からついてくるもので比べると、一般的なサドルに思う。

フィジーク KURVE

「もっと快適に走りたい」と思って買い替えたのが、フィジークの「KURVE(クーヴァ)」というサドル。

これはサドルそのものが「しなる」デザインが特徴だ。さらに、ライドする人の身体のかたさに応じて、BULL、CHAMELEON、SNAKEと種類が別れている。僕は身体がとても柔らかいので、SNAKEを買った。

クッション性も十分で、そこそこ気に入っていた。

ちなみにKURVEは2万6千円くらいする。ここまで高価になると、サドル性能だけを理由に買うわけにはいかない。サドルの流麗なフォルムなど、さまざまなイイワケが頭に浮かぶ事になるだろう。(言うまでもなく「ルックス」は、サドルの本質ではない。これが沼の怖さだ。)

しかし、満足できなかった。しまなみ海道など、50km以上のライドでは、股間が痛くなるのだ。

スペシャライズド POWER ARC EXPERT

3つ目に買ったのが、スペシャライズドのパワー。ボテッとしたフォルムで、決してかっこよくない。これを知ったのは、バイクショップに行ったときに、ショップの店員さんがKURVEを見て、サドルの交換を進めてきたからだ。

ちなみに、スペシャライズド専用ショップではない。各ブランドのサドルも取り扱っている。

スペシャライズドの製品は、通販をしていない。取扱店舗が限られているため、たまたまパワーを取り扱っていたお店だったというだけだ。で、スペシャライズドのサドルを取り扱っているお店では、骨盤のサイズを測ってくれる。スペシャライズドのサドルは143mm、155mmと2サイズ展開になっていて、ライダーにサイズ的にあったものをチョイスすることになるわけだ。

ちなみに、僕は155mmだった。ヤフオクなどで中古が売っているけれど、手を出すならサイズを測ったあとがよいだろう。僕は177cmで62kgなのでかなり痩せているほう。だから、143mmなんだろうな、と思っていたのだけど、155mmだった。骨の位置に、痩せているかどうかは関係ないらしい。太っても痩せても骨格の位置は固定なのだそう。スペシャライズドのサドルを選ぶなら、測ってもらうのはマストだと思う。

フィジークのKURVEが「身体の柔らかさ」でセレクトするのとは、違う。各社が最適なサドルの選び方に方針の違いがあるのは面白いところだ。(ライダーからすると、非常に悩ましい問題である。どのメーカの「推奨する選び方」もそれっぽくて、何が正しいかわからないから)。

で、店員さんの対応が非常に良かったし、売りつける感じもなかったので買った。
(KURVEと比べると1万円ほども安い。リーズナブルだ。沼だ。)

パワー インプレッション

スペック

僕がKURVEを先に使ってしまっていたからかもしれないのだけど、見た目の上質感はそれほどない。ただ、マットな質感はけっこう好みで、決して安っぽくはない。

サイズは50mmほど短くなる。一方、重量は30gほど増加。

一般的なスポーツ用のサドルと比べると、かなり短くなると考えてもらっていい。人によるのだろうけど、パワーはかっこよくないのだ。

どう変わったか

Before

After

完全に好みの問題なのだけど、やはりフィジークのサドルのほうがカッコ良かった。

乗った感じ

まず乗った瞬間から違う。明らかにパワーのほうが、快適なのだ。サドルそのものがバツグンに柔らかいわけではないので、おそらく形状と真ん中のホールが、僕にあっていたのだと思う。以前まで感じていた「じわりとした痛み」がない。

20kmくらい乗ってみたが、やはり快適だった。

まだ乗り始めたばかりなので、「最高か?」と聞かれると、結論はだせない。
今後、長距離ライドしたときの感想を追記していきたいと思う。

サドル選びの注意点

繰り返しになるのだけど、スペシャライズドのサドルは、通販していない。amazonや楽天をいくら探しても、ヒットしないのだ。(これはサドルに限らない。スペシャライズドの企業戦略なのだろう。

もし、パワーが気になるなら、ぜひリアル店舗に行ってみてほしい。取扱店なら、坐骨のサイジングから最適なサドルをチョイスしてもらえるし、その場で試乗できるからだ。

サドルには、合う・合わないがある。そして人によってそれは違うのだ。
フィジークのKURVEより、安価なスペシャライズドのパワーが「合う」人もいるし、その逆もいるはずだ。

サドルは、使ってみないとわからない。だから沼なのだ。

あとがき

パワーが気になるならぜひ試乗するのがベスト。というか、マスト。
ちなみにいくつかラインナップがあるので、やはりお店に行くほうがいいと思います。

スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
googleアドセンス