【レビュー】RAVPowerのバッテリーは、すべてのα7ユーザーにおすすめできる逸品でした。

今使っているカメラはα7sです。

その弱点の1つが、バッテリーが持たないこと。だから、α7sには、最初から2つの標準バッテリーが付いているわけですね。

ただ、1日中撮影するようなときには、少し心もとない。
そこで、純正バッテリーNP-FW50を購入しようと思ったのですが、7,000円くらいしますので、ポイポイと買えるものではありません。

そこで、購入したのが、RAVPowerというブランドのバッテリー&チャージャーのセット。

結論はタイトルのとおりなのですが、これからバッテリーを購入する人、全てにおすすめします。

本ページではその使い勝手、特徴などについてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

開封

パッケージはこんな感じ。

付属品は、ひとつずつキレイに梱包されてます。

AUKEYやANKERの近いパッケージング。安心感あります。

中身

  • バッテリー × 2
  • チャージャー
  • マイクロUSBケーブル

必要最低限です。
ケーブル長は60cmほどですので、もっと長いのがほしければ、別に準備しましょう。

特徴

純正より優れたバッテリー容量

付属するバッテリーは、NP-FW50 と互換性のあるもの。

質感は少しマット。高級感があります。

スペックを比べてみると、こんな感じ。

容量 重さ
NP-FW50
(純正品)
1020mAh 42g
RAVPower 1100mAh 65g

まず、純正品NP-FW50よりも、10%ほど容量が多いわけです。
バッテリ消費が激しい、α7にとって、これは大きい。

わずかに重量がupするが痛いですが、個人的にはあまり気にならないていどでした。

2つ一緒に充電できる

2つ同時に充電できるチャージャーも付いています。これも、質感がけっこう良い。

安物にありがちな、プラスチックのバリなんかが一切なくて、ちゃんと作り込まれたプロダクトに見えます。

また、とても軽いです。

僕の用途だと、旅行に持っていくことになるのですが、少しでも荷物を軽くしたいわけで、こういった点でも優れています。充電できれば良いわけで、軽さこそ正義なのです。

充電には、マイクロUSBを使います。

パソコンや、モバイルバッテリー、コンセントに挿して、普通に充電できます。

セットする位置が、CH1、CH2に分かれているので、残量の違うバッテリーをセットして充電したときに、どちらが早く充電できたか一目瞭然。

ちなみに、充電開始時は、赤。

完了するとグリーンになります。

純正NP-FW50 も充電できる

純正のNP-FW50も充電できます。
便利すぎて、純正のチャージャーを使っていません。

海外でも充電できる

イタリアで普通に充電できました。
(電圧対応なので、あたりまえなのだけど)。

海外旅行のおともに、これさえあれば完璧です。
2つのバッテリーを充電できるので、とても便利。

正規のバッテリーチャージャーだと、2つ充電するために、セットし直さなくてはいけなくて、これが面倒でした。

とても安い

本品のお値段は、3000円ほど。
メチャクチャ安いです。(純正は、バッテリー1つで7000円くらいする)。

使い勝手は上記に示した通りですが、純正と比べて違和感なく使えます。

30ヶ月の長期保証

18か月+12か月(製品登録後)の保証が付いています。

3年弱は安心できますね。

まとめ

カメラまわりのアイテムは高いもの。
レンズその他もろもろと、お金をかけるアイテムはいくらでもあります。

削れるところは削って、α7を楽しみたい方に、本当におすすめできるアイテムです。

スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
googleアドセンス