桃園国際空港で一晩過ごすにはどこが最適なのか?実際に泊まってみた

台湾 桃園国際空港は、台湾のもっとも大きな空港です。

トランジット空港としてもよく使うのですが、乗り換え便が次の日になるとき、ホテルに泊まるか、空港に滞在するかで、少し迷ってしまいました。

本ページでは、桃園国際空港で寝泊まりすることで、ホテル代を浮かしたいとお考えの方に向けて、おすすめのスポットなどを紹介します。実際に一晩過ごしてみて、いくつか休息できる場所を試してみました。

ぜひ参考にしてみてください。

なぜホテルでなく、空港に滞在するのか

昔、中国を経由したときに、どうせ翌朝の便で出国するのだからと、安宿で済ませようとしたのですが、これが失敗でした。

  • シャトルバスがある→無かった
  • 乗り合いバスしかなくて、どこで降りたらいいか分からない
  • 安宿のホテルマンは、英語が話せない
  • 翌朝の空港行きバスが来なかった

と、散々な結果だったわけです。

もちろん、ホテルのベッドで寝るのが、もっともリフレッシュできるわけですが、空港近くのホテルは、一泊あたりの料金が割高です。また、早朝便で帰るとなると、ホテルで休む時間もあまりありませんし、慣れない土地での移動は、逆にストレスになってしまいます。

つまり、トランジットのために一泊するなら、以下のホテルをセレクトするのがもっとも快適なわけです。

  • 空港内のホテル
  • 空港から多少離れても、送迎が付いているもの

で、これらのホテルはとても高価です。
航空券のチケット安く手に入れるために、あえてトランジットチケットを買ったのに、これでは本末転倒です。

というわけで、僕の場合だと、翌朝10時までの便で飛ぶのなら、空港内での一泊をすることが多いんですね。

桃園国際空港 ターミナル2で一泊する

いくつか休息ポイントがあるので、ご紹介していきます。
あなたに合うところを見つけてみてください。

IMG_4524

C1〜C10、D1〜D10は搭乗ゲート。けっこう広いですし、ゲート間にはたくさんのお店が点在しているので、そこそこ遊べる空港です。

リクライニングソファで寝る

IMG_4521

「Dエリア」に入る直前、エスカレーターエリアにあります。

実際の寝心地ですが、(個人的には)あまり良く感じませんでした。
というのも、フルフラットではなく、膝が少し起き上がるデザインの椅子ですから、長い時間寝るには適していないと思うんですよね。使う人の身長によっても、合う・合わないがあると思います。

で、僕は合わなかったです。疲れていたはずですが、なんども目が覚めてしまいました。

また、たくさん人が使っているためか、クッションもへたっています。3シートほど座り比べてみたのですが、中にはちょっと痛みを感じるものがありました(クッションが薄くなっていて、長い間座っていられない)。いくつか座ってみて、フィットするものをセレクトしてみてください。

ちなみに、シートを外すこともできるようです。IMG_4518

こうやって、フルフラットで寝ている方もいました。流石にこの勇気はなかった。IMG_4519

13シートあるため、どれかは空いているでしょう。僕は22時くらいに確保しましたが、3シートほど余裕がありました。ゴールデンウィーク中でもこんなかんじでしたから、焦って取らなくても大丈夫だと思います。

クーラーが効いていて、夜は寒いので、ブランケットを持参した方がよいかもしれません。僕はどちらかというと冷えに弱い方で、寒気を感じて4時に起きてしまいました。ちなみに、起きた時点で、8シートほど空いていました。

USBとコンセントのアダプタも目の前にあるので、充電スポットとしても優秀です。(盗難は無いとは言えませんから、十分にご注意ください。)

長椅子で寝る

個人的にはこっちの方が寝やすかったです。
IMG_4517 IMG_4516

このタイプの長椅子はゲート間にありますから、100mほど歩けばいくらでも見つかります。ほとんど使われていませんから、余裕で確保できるでしょう。

フルフラットですから、体とシートの間に隙間が生まれません(あまり寒くならない)。僕の場合はこちらの方が落ち着くので、ぐっすりと眠ることができました。

あとがき

トランスファーで使うときは、あんまりお金を使いたくないですよね。
台湾のは、かなり快適に眠ることができると思います。

スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Booking.com
スポンサーリンク
googleアドセンス